医療業界の現状と動向

一口に医療業界といっても様々な仕事があり、大きく分類すると「病院や診療所などの医療機関」、「医薬品業界」、「医療機器業界」の3つに分けられます。直接看護師の仕事に係わりのある医療機関の現状は、厳しい状況にあるといわれています。医療法の変化に伴う医師数の確保や見直し、公立病院の経営破綻などいろいろな変化があり、そういう現状が多少なりとも看護職の求人に影響しています。今の医療機関では、医師の仕事にもより高度な専門性が求められている時代です。それに伴って看護師の仕事にも高度な知識と技術それに専門性が求められる時代となりました。ゆえに仕事がますます大変になり、短期間で辞めて転職を考える看護師が多くなる中、求人の状況を冷静に見通すことが求められています。最近の看護師求人の状況は、医療業界の変化に伴い、仕事内容や求人募集のも変化がみられます。まず、医療現場では診療科の区分よりもさらに細分化した取り組みをする動きがみられ、より専門的で高度な知識が看護師にも容共されるようになりました。ですから、単に看護師の資格を持つだけにとどまらず“助産師”“保健師”“専門看護師”“認定看護師”などプラスアルファの資格を取得し、高いコミュニケーション能力や英語力が看護師の求人にも求められています。また、高齢社会に対応した介護、福祉施設の増加に伴い看護師の仕事も増えています。こちらも“ケアマネージャー”“保健師”などの資格をとればさらに仕事の幅が広がるでしょう。

医療業界の現状と動向

自分に合った職場

看護師の仕事への就職、あるいは転職を考えている人は、何をポイントに探せばいいのでしょうか。不本意な転職を繰り返さないためにも、とても大切なことです。まず、できるだけ自分の生活スタイルに合った職場を探しましょう。収入はどうか、通勤しやすいか、勤務時間は子育てと両立可能か、など、自分の希望を・・・

具体的に仕事を探す

看護師の仕事への就職や転職を探している人のための求人情報はたくさんありますが、実際はどこからどうやって探せば効率がよいのでしょうか。就職や転職が初めてで不安のある人はハローワークを利用してみましょう。事業所で求人登録をするとパソコンから全国の求人情報を探すことができます。応募の手続きや面・・・